セクキャバへの差別、偏見ってある?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバへの差別、偏見ってある?

セクキャバへの差別、偏見ってある?

一般的に水商売は世間から、何がしか偏見の目で見られます。その水商売の中でもセクキャバ嬢はおさわりなど体の触れさせるサービスを行うためにイロモノ色が強く、うっかり周囲にセクキャバ嬢であることや、以前にセクキャバ嬢をやっていたことがばれて差別的な目で見られ得ることもあるでしょう。

水商売の女性の中でもイロモノが強い職種についてよく「体を汚す」という言い方をします。文字通り、水商売の中でもイロモノ色が強い仕事は汚いモノで、その汚いもので体が汚されているといった認識をする人がいます。そのためセクキャバ嬢、または元セクキャバ嬢というだけで中には嫌悪感を抱く人もいます。水商売は仕事上、社会的な倫理やルールに対してグレーな部分があります。表沙汰にならない事も多く、その部分が反社会的と考えられ、数ある職業の中でも高収入と引き替えに底辺の職業という位置づけをされているのです。

そのためでしょう。セクキャバ嬢をやっていることが周囲にばれたことによって差別用語を投げかけられたり、悪い噂を立てられたりといった嫌がらせを受けることがあります。今はセクキャバ嬢を辞めている人も同様です。セクキャバ嬢をやっていたということで同じような差別をうける場合があります。特に一般企業などに勤めている場合、偏見や差別によって勤めている会社を辞めざるを得ない状況になったり、引越を余儀なくされるといったこともあるのです。

そうした差別が辛くて、せっかくセクキャバ嬢を卒業したのに、またセクキャバ嬢に戻ってしまうという人もいます。職業に貴賎はないといいます。しかし残念ながら世間一般ではセクキャバ嬢など水商売をしている女性に対して偏見があるのは事実です。