セクキャバの面接攻略 服装、履歴書の書き方など

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバの面接攻略 服装、履歴書の書き方など

セクキャバの面接攻略 服装、履歴書の書き方など

仕事を始めたいと思った場合、求人を探して履歴書等を作成して応募するのが一般的です。書類選考が通ったら、試験や面接が行われて、そこで合格すれば採用となります。セクキャバ嬢として働こうと思った場合も同様です。求人を探して応募し、面接を受けます。応募の仕方は水商売の場合も同じですが、一般企業のように何次試験などが行われることはなく、書類選考と面接だけであったり、電話やメールで応募して面接になるなど、試験方法が一般企業に比べると簡単なところがあります。

履歴書等の書類選考を行うお店の場合、まずは履歴書の書き方が大事です。履歴書には学歴や職歴などを記入しますが、そこに不明な点やおかしな点があれば書類選考に通らない場合がありますし、書類選考に通ったとしても、面接にて履歴書の不明な点を問われます。学歴などに空白の期間がある場合は、その理由をあらかじめ考えていた方がいいでしょう。

水商売の業界では、しっかりとした考え方を持っていないと、いつの間にか流されて、大きな借金などをして身を崩してしまうといったことは少なくありません。履歴書にもしっかりした気持ちを表すような書き方をするようにしましょう。

セクキャバ嬢など水商売で働こうと求人の応募する場合、もっとも重要になるのが面接です。面接をするお店の人は何人も女性のスタッフと関わってきて、見ただけでその女性がどのようなタイプなのかを見透かしてしまう人がいます。お店はトラブルになりそうな女性を嫌いますから、そのような雰囲気を醸し出すような女性は忌避される場合があります。

服装についても、きらびやかな衣装などを着けていく必要はありませんが、ジーパンやだらしのない恰好は歓迎されません。紺か黒のリクルートスーツを着ていく必要はありませんが、一般企業に就職するのと同様に、落ち着いた格好をしていくことをおすすめします。