セクキャバに向いている人、向かない人

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバに向いている人、向かない人

セクキャバに向いている人、向かない人

この仕事につきたい、この仕事をしたいと思っても人には向き不向きがあり、なかなか思い通りにならない場合があります。向き不向きはどのような職業にもあることで、水商売でもやはり向き、不向きがあります。

水商売はお客を相手にする商売ですから、あまりに人見知りが激しい人は仕事に向かないといえるでしょう。セクキャバ嬢はお客の気持ちを読んで会話をして、お客を楽しませることが仕事ですから、人見知りが激しくて会話が難しい場合は、仕事にならないといえます。

水商売を甘くみている人も向いているとはいえません。水商売というと、短時間で高収入が得られる。美人であったり、可愛ければ、すぐに売れっ子になることができるというイメージがありますが、美人でかわいいだけでは売れっ子になったり、高収入を得られるとは限りません。高収入を得るためには常連客を多く抱えなくてはなりません。常連客を抱えるには単にきれいや可愛いという見た目の問題だけでなく、高い対人スキルや会話スキルを持っている必要があります。水商売をやれば高収入が得られると考えているだけではお店のノルマをこなせず、売り上げもあがらず挫折してしまいます。

対人スキルや会話スキルが高くても、口が軽い人というのは水商売には向いていない人といっていいでしょう。水商売では、お客さんの本音に触れることも秘密に触れることがあります。特に常連のお客となると心を許して秘密を告白してしまう場合があります。そうした仕事上で知り得た秘密を軽々しく周囲に漏らしてしまうと大きなトラブルに発展する場合があります。いっていいことと悪いことを判別して、秘密事項については口が堅くなければ水商売は難しいところがあります。