大学生セクキャバ嬢の働き方

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,564 件(7/22 更新)

大学生セクキャバ嬢の働き方

大学生セクキャバ嬢の働き方

水商売で働く場合、順守すべき法律は風営法です。この風営法では18歳未満はセクキャバにお客として入ること、そして水商売で働くことが禁じてられています。そのため、高校生の場合、セクキャバ嬢として働くことができるかどうかは微妙なところです。お店によっては年齢にかかわらず高校生はNGというところもあるため高校生がセクキャバ嬢として働こうとしても求人の枠が狭いため簡単でないところがあります。しかし大学生となれば風営法に抵触しないことから、求人の枠が広がります。そのため大学生になってセクキャバ嬢を始めたという人は少なくありません。

大学生がセクキャバ嬢として働く場合、多くはセクキャバ嬢デビューということになるでしょう。初めて水商売で働く場合、くつか注意しておいた方がよい点があります。それは体験入店をして仕事をしていけるかどうかを確認するということです。

セクキャバ嬢などの水商売では、女の子がお店でやっていけるかどうかと確認するために多くのお店が体験入店を行っています。水商売については若くて綺麗なら売れっ子になれると考えている人が多くいますが、実際に売れっ子となる子は若くて綺麗なだけの女の子ではありません。会話スキルがあったり、対人スキルがあるなどお客への対応やサービスが優れている女の子が売れっ子になります。そのため、売れっ子と呼ばれる女の子の容姿は、美人といえないこともあります。水商売とはどのようなものか、お店ではどのように仕事をしなければならないのか体験入店では仕事内容を確認することができます。

求人に応募して面接に行く採用となると、すぐに体験入店の話や週何回入ることができるのか、また給与などについて相談があります。このとき、基準となる給与の金額などを知っていないと、お店の都合で決められてしまうこともあるため、あらかじめ知識を持っていた方がいいでしょう。学生である以上、学校に通った上で水商売の仕事をするため、お店に入る回数が少なくなってしまうでしょう。しかしお店としてはできるだけ多くお店に入って欲しいと思っており、回数が少ないと給与を安くされたりということもあります。学校に通いつつ働くためはお店としっかり交渉することも大事です。