年齢制限と年齢詐称の実際

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

年齢制限と年齢詐称の実際

年齢制限と年齢詐称の実際

水商売に限りませんが、女性の中には、時には男性の中にも年齢を詐称する人がいます。詐称する理由は様々です。例えば芸能人が年齢を詐称して暴露されて話題になることがありますが、年齢を詐称する理由は、「若く見られたかった」「仕事のため」といったものです。仕事のためというのは年齢の制限があるオーディションに参加にするためといった内容です。

一方、セクキャバ嬢などの水商売でも年齢を詐称することがあり、その理由というのは前述と同じようなものです。プロフィールに40代と書くより30代と書いていた方がお客の受けが異なるでしょう。30代の場合もプロフィールに20代と書いていた方がやはり受けがいいところもあります。セクキャバ嬢などの水商売では、ある年齢に達すると、周囲から限界という認識を受けますし、自分でもうっすらと限界を感じることがあります。そうした限界を少しでも伸ばそうと年齢を詐称して若く見せるのです。この年齢詐称のケースはお店にとって問題のあることではないため、大抵は問題視されません。というのもお店としてはしっかり売上を上げてくれることが大事だからです。

しかし、18歳未満の人が年齢を詐称して働くケースについては、お店では敏感です。知っていて見過ごすことはできません。それというのも風営法で年齢制限があるためです。風営法では18歳未満の人が水商売で働くことが禁じています。18歳未満であることを知っていながら女の子を働かせていることが判明した場合、お店のオーナーや関係者は逮捕されることがあります。それだけでなくお店は営業停止に追い込まれることもあります。そのため、女の子を採用する場合、お店ではしっかりした身分証明書を提示することを求め、18歳未満ではないかどうかを確認した上で採用を決めています。