学生、扶養家族の人の場合は?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

学生、扶養家族の人の場合は?

学生、扶養家族の人の場合は?

税金の支払いというと社会人に課せられる義務のように思えて、学生の人はあまり意識しないのではないでしょうか。しかし学生であっても、ある一定の収入があれば税金を支払わなくてはなりません。

学生が税金を意識しないのは、学業のかたわらアルバイトなどを行って、税金を支払わなくてはならない金額まで稼ぐことができないというのが一番の理由でしょう。芸能人や起業しているケースなど例外はありますが、税金を支払わなくてはならない年間103万円という金額を稼ぐことはそう簡単ではありません。しかし学業のかたわらセクキャバ嬢のアルバイトなどをした場合はどうでしょう。時給が高いこともあって、103万円を超えた収入を得られるケースは皆無ではありません。売れっ子となれば、大きな収入を得ることも十分ありえます。

税金を支払わなくてはならない上限の103万円という金額は、税金を支払うのと同時に扶養についても扶養から外さなくてはならないという基準値です。扶養とは両親など、自分以外の人に生活費の面倒見てもらうこと、つまり自活する力がないということを示すものなのです。そのため20歳未満の学生の多くは両親の扶養家族となっています。しかし税金を支払うということは、自分で自分の面倒を見ることができる、自活する力があると判断されることです。そのため、年収が103万円を超えて税金を支払わなくてはならないということは、扶養からはずれなくてはならないということなのです。

セクキャバ嬢として働くということは、個人事業主と同じ扱いになります。自分で税金を申告し、自ら税金を支払わなくてはなりません。扶養になっている場合は、20歳未満、学生に関わらず扶養から外す必要があります。なお、お店にとっては所得税等を天引きにしているところもあるようです。そのため自分は税金を支払っていないと勘違いする人も少なくありません。税金のことについてはお店に確認してみるとよいでしょう。