セクキャバに対する印象

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバに対する印象

セクキャバに対する印象

世間一般的にセクキャバ、そしてセクキャバ嬢は良いイメージではないでしょう。その理由のひとつはセクキャバ嬢という仕事が水商売、しかもおさわりがあるセクシーな商売だからです。水商売は世間一般には公にできない仕事、職業の中でも底辺にある仕事といったイメージがあり、良い印象を受けません。良いイメージを持たれないもうひとつの理由はセクキャバ嬢が水商売の中でもイロモノ色が強い方というところでしょう。

キャバクラとセクキャバは混同されることがありますが、そのサービスの内容から区別されます。そのサービスとはおさわりがあるかどうかということです。どちらも接客を行う仕事ですがキャバクラにはおさわりはありません。キャバクラに働く女の子の体にしつこく触るような客は、お店によっては出入り禁止になります。
一方セクキャバではこのおさわりが許されます。おさわりの範囲はお店によって異なり、お触り自由でキスもOKというところもあれば、おさわりの範囲が決められているところもあります。セクキャバのおさわりは、あくまでもおさわりであって、そこから性行為に発展することはNGなのですが、中には性行為と取られてもよいような過激なサービスを行っている店もあります。お客が体に触れることを許すのがセクキャバであり、許さないのがキャバクラです。

だからこそセクキャバは高収入でなのです。また、お店からノルマを課せられていますから、常連客が貸し切りにしている以外では1日に何人ものお客を相手にすることになります。不特定多数のお客達に体を触れさせている、そうしたことに嫌悪感を抱く人は少なくありません。そのためセクキャバ嬢はセクキャバ嬢をやっていることを隠したり、セクキャバ嬢を卒業しても以前にセクキャバ嬢であったことを隠そうとするのです。うっかりセクキャバ嬢であることが周囲にばれて嫌がらせやセクハラを受けるケースもあります。