セクキャバ嬢の仕事で後悔すること

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバ嬢の仕事で後悔すること

セクキャバ嬢の仕事で後悔すること

セクキャバ嬢はお客とマンツーマンになって接客をする仕事です。お客とはお酒を飲みながら会話を楽しみますが、キャバクラと異なるのはセクキャバではおさわりがあるところです。おさわりの範囲はお店によって異なり、おさわり自由でキスができるところもあれば、おさわりできる範囲が決められている店もあります。お客とは性行為に発展することはありませんが、濃厚なサービスを売りにしている店もあり体に触れさせるため、水商売の中でもイロモノというイメージが強くなります。

自分で選んだセクキャバ嬢という仕事ですが、中には後悔をする女の子も皆無ではありません。若くて可愛ければ高収入が得られるという軽い気持ちで仕事を始めてみたもの、指名がつかずストレスによって体を壊したケースなどは、仕事を軽々しく考えていたことを後悔するでしょう。
また本気で好きな人ができたときにセクキャバ嬢の仕事を後悔する人も少なくありません。彼氏の中には彼女が水商売の仕事をしていることを承知してくれる人もいるでしょう。しかし彼女がセクキャバ嬢をやっていて、ほかの男に体を触れさせているということを許せない人も少なくありません。またセクキャバ嬢をやっていることで、一人の女性と見てもらえず、単なる遊び相手として考えられてしまう場合もあります。このような恋愛にまつわることで、セクキャバ嬢の仕事をしていたことを後悔する女の子は少なくないでしょう。

仕事上で後悔するようなことが起きる場合があります。お客とアフターに付き合って、その気がなかったにもかかわらず深い関係になってしまった場合や、強引なお客、お客をその気にさせてしまったことで一方的に恋愛感情を持たれたりと、そのような目にあったときもセクキャバ嬢の仕事を後悔することがあるのではないでしょうか。