セクキャバで人間不信になる時

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバで人間不信になる時

セクキャバで人間不信になる時

セクキャバ嬢はお客と疑似恋人関係となって接客をします。お客のタイプは様々であり、ときには強引なお客やしつこいお客もいます。またお客からクレームがあったり、指名がなかなか取れずに思い悩んだりする人もあり、セクキャバ嬢という仕事は見た目とは裏腹にストレスが大きい仕事です。
特に、きれいで可愛ければ高収入が得られると考えてセクキャバ嬢の仕事を始めた人の場合、それだけでは指名が取れたり、売れっ子になって高収入が得られるわけではないと気が付いてショックを受ける人もいます。
例えばセクキャバ嬢が働くお店では40分~50分がセットになっており、10分程度で女の子がチェンジするシステムになっていますが、気に入った女の子がいればお客は指名を入れることができます。自分の容姿に自信がある女の子は、当然自分でストップがかかると思うでしょう。しかし、あっさりチェンジされてしまい、そのようなことが何度か続くうちに自信を失ってしまいます。

悩みを抱えたときの解消法として友達に愚痴をこぼすという方法がありますが、お店で働くセクキャバ嬢たちはお友達とはいえないところがあります。お店のセクキャバ嬢たちはお客を巡ってのライバルでもあり、簡単に悩みを打ち明けられる存在になることは珍しいのです。セクキャバ嬢の仕事を友達に隠している人の場合は、相談できる人がいないため、ますます内に籠ってしまいます。

中には優しい言葉をかけてくる人もいるでしょう。しかし、所詮は遊びと割り切られていたり、お店のセクキャバ嬢たちに陰口を言われたり、その結果人間不信になることがあるかも知れません。
水商売は虚飾にまみれた世界ですから、自分をしっかりもっている人でないと、ほかの人を頼って裏切られたりといったことを繰り返して人間不信になってしまう場合もあるのです。高収入の仕事だけに、簡単ではありませんね。