セクキャバで売れるコツ

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバで売れるコツ

セクキャバで売れるコツ

セクキャバ嬢となった以上、売れっ子になって高収入を得たいと誰もが考えるでしょう。しかし若くて綺麗であったり、可愛いだけでは必ずしも売れっ子になることはできません。お店の売れっ子となっている女の子を見ると、なぜこの子が? と思うような女の子が売れっ子であったりします。セクキャバ嬢として売れるには、売れるコツというものを掴む必要があります。

セクキャバ嬢の仕事は接客です。お店を訪れたお客を楽しく、気分良くさせることが仕事になります。そのためには、その会話で、自分に好意を持たせるための会話スキルが必要になります。会話術とはつまりは心理術です。恋愛などでも相手を自分に夢中にさせるために小芝居や嘘など様々な手法を駆使しますが、セクキャバ嬢もお客に対して、彼氏に対するように自分を振り向かせるためのテクニックが必要です。

会話において相手に気持ち良くさせるには、相手の話をよく聞いて、共感することが大事です。自分の話を真剣に聞いてもらえて理解してもらうということは嬉しいことです。一方自分の話をうろんに聞かれてしまえば、「自分のことなどどうでもいい」と考えてしまいます。お客が満足感を覚えるくらいに聞き上手になる必要があります。セクキャバ嬢はお客と会話をしながら相手を不愉快にさせないようにしなければなりません。そのためにはあまりきっぱりした言い方は避けた方がいいでしょう。自分の意見をはっきり言うことは大事なことではありますが、あまり自分の考えをきっぱりいいすぎてお客に引かれてしまう場合があります。

お客との会話が良い感じになったら、次はお客との距離感の詰め方が大事です。自分の名前を呼んでもらったり、自分のお客の名前を呼んだり、趣味のことを聞いたり愚痴を聞いてあげたりといったようにお客との距離を詰めていくのです。なお愚痴を聞いているときは、肯定的な相づちを忘れないようにしましょう。それによってお客は自分を理解してくれると思うようになります。