セクキャバの危険対策

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバの危険対策

セクキャバの危険対策

セクキャバ嬢に限らず水商売では危険な目に合って事件となることがあります。セクキャバ嬢が危険な目に合う理由として、客が原因になっている場合があります。アフターに付き合ったところ、乱暴されそうになった。金離れの良いお客のため休日に付き合ったところ、強引にホテルに誘われそうになった。客のひとりにストーカー行為にあっているなど様々です。

犯罪行為、またはそれに近い行為が行われた場合は警察に被害届を出すのが一般的といえますが、犯行の内容によっては警察に被害届を出すのがはばられものもあるため、表にでない事件も多くあります。もともと水商売の仕事はグレーゾーンのところが多いため、事件が起こっても警察を頼ろうとする発想が薄いところがあります。

また乱暴されたケースなど事件内容によっては表沙汰にしたくないものもあります。事件を起こす方も、相手が表沙汰にしないことを前提に犯罪行為を行っているところもあります。そうした危険な目に合わないためには、お客との付き合い方法に注意が必要です。

お客だけでなく、勤めているお店で危険な目に合うこともあります。お店に嫌がらせを受けたり、脅されたりといった危険な目に合うのは多くは退店についてです。お店としては売上のよいセクキャバ嬢には長く勤めてほしいものです。たセクキャバ嬢に辞められた後、現在のスタッフで仕事を回さなくてはなりませんし、求人募集を行わなくてはならず、人に辞められるというのはお店にとって痛いことなのです。

お店の中には退店する場合は1ヵ月以上前に退店届を出すことを決めている店もありますが、事情があって急に辞めるセクキャバ嬢もいなくありません。そこでセクキャバ嬢をやめさせないために嫌がらせや脅しを行ってセクキャバ嬢に怖い目を見せるお店もあるのです。この場合は労働基準法にも抵触することですから、労働基準監督署に助けを求めることができます。