良い源氏名の考え方 売れる名前とは?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

良い源氏名の考え方 売れる名前とは?

良い源氏名の考え方 売れる名前とは?

芸能人が芸名を使うように、セクキャバ嬢など水商売の女性達も大抵は源氏名を使用します。その源氏名ですが、実は名前の付け方にはいくつか注意事項があります。

まず名前を考えるときの注意事項ですが、名前を呼ばれたときに認識しやすい名前にすることが必要です。名前を呼ばれても自分の名前と認識できないようでは、相手を無視することになりますし、それがお客だった場合は、怒らせてしまうかもしれません。友達の名前や自分が住んでいる住所の地名を利用したり、自分の本当の名前の一文字を変えたり、方法はいろいろですが、とにかく名前を呼ばれて違和感のない名前を考えることです。

源氏名は自分で考える場合もありますが、お店に言われてその言われた名前をそのまま利用する人も少なくありません。なお、源氏名を考えるとき、お店の中で同じ名前を使用することはできません。お客は下の名前を覚えることが多いため、同じ名前がお店に2人いるとどちらを指名しているのかが判断できないからです。

源氏名については画数を調べて売れる名前などを付ける人もいます。名前の画数によってその人の運勢を占うことができますが、源氏名についても画数によって、意味があるのです。例えば、源氏名の画数が6画や11画、13、15、16、24画といった画数だった場合、明るいという意味があります。その明るさで周囲を引き立てられる名前なのです。一方、5画や7画、8、17、18画の場合は気が強いことを表します。周囲の状況にかかわらず自分の道を歩んでいくでしょう。これらの画数は売れる名前といってもいいでしょう。

一方、源氏名に悪い画数というもののあります。2画や4画、9、10、12、14、19、20、22画といった画数は、損をする名前で、周囲の状況に引っ張られてしまう可能性があります。源氏名を考えるなら売れる源氏名を考えたいものです。