面接に落ちるとき 「後日連絡」とは?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

面接に落ちるとき 「後日連絡」とは?

面接に落ちるとき 「後日連絡」とは?

セクキャバ嬢など水商売を始めようと思ったときの就職の仕方というのは、一般企業に応募するのと同じです。求人を探して履歴書などの書類を作成して応募したち電話やメールで応募します。メール選考や書類選考に通ったり、電話での応対が通れば面接となります。一般企業の求人に応募したとき面接が重要視されるのと同様に、水商売でも面接は重要視されます。

面接をするお店の人達は今までの経験から女の子を見ていくか質問と応答をしただけで、その女の子がどのような性格なのか、水商売に向いているかどうかといったことを見抜いてしまう場合があります。水商売でやっていける、店でこの女の子を使ってみたいと思われれば採用となり、そうでなければ採用は見送られます。

水商売の求人も一般企業の求人も応募する方法はほぼ同じなのですが、面接した後の採用連絡については大きく異なるところがあります。一般企業の採用通知というと、通常、面接が行われた数日後、早い場合は当日や翌日に書面などで採用連絡があります。そして採用するという通知が行われてから、いつから出勤するか、どの部署に勤務するのかといった仕事の内容が説明されます。このとき勤務日など希望を伝えて調整することなども行われます。企業によっては、3か月間は見習いとする制度などになっている場合もあり、多くの企業では会社の規約など細かい説明も行われます。一般企業の採用とは、面接が終わった後日連絡なのです。

ところが水商売での採用、落ちたかどうかというのは、面接直後にわかります。というのも水商売では採用が決まった場合、面接直後に出勤日などの話し合いが行われるのです。そして後日連絡というのは不採用を表します。面接が終わって後日連絡といわれて、家で連絡を待っている人もいるでしょう。しかし、それは不採用ということなのです。