セクキャバで大変なこと、苦労

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,564 件(7/22 更新)

セクキャバで大変なこと、苦労

セクキャバで大変なこと、苦労

どのような職業にも苦労や辛いこと、大変なことがありますが、その職業固有の苦労というのがあります。セクキャバ嬢の場合、お客との接客がそれでしょう。お客の中には強引な人もいますし、おさわり以上の行為をしようとするお客もいます。それがトラブルに発展することも皆無ではなく、セクキャバ嬢の辛いところです。

また、セクキャバ嬢によってはお店のノルマが大変な場合もあるでしょう。全てではありませんが、セクキャバ嬢を扱っているお店では、セクキャバ嬢にノルマを課しています。そのノルマをこなさないと罰金などの罰則があるため、セクキャバ嬢は指名を取るために苦労をします。その苦労の分、実りがあればいいのですが、簡単に指名が取れたり、すぐに常連客がつくということはありません。
特に若くて美人で可愛ければ、セクキャバ嬢として売れっ子になって高収入が得られると思ってセクキャバ嬢になった女の子の場合は、お客への対応などについて努力をしないため、指名が取れないといった苦労を味わうことになるケースも少なくありません。

セクキャバ嬢に限らず水商売は世間から色眼鏡で見られるところがあります。そのため仲のよい友達や家族にセクキャバ嬢をしていることを打ち明けていない人は多いでしょう。セクキャバ嬢をしていることを周囲に隠していた場合、それが何かのきっかけで周囲に知れてしまったときはセクハラされたといった嫌がらせを受けたり、仲が良かった友達が離れてしまったりという話が聞かれます。また両親が悲しんだという話もよく聞かれます。セクキャバ嬢を卒業して一般企業などに就職する場合もセクキャバ嬢をしていたことを隠さなくてはならないなど、セクキャバ嬢という仕事をしていたことによる苦労も人によってはあります。