セクキャバ嬢の平均年齢

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバ嬢の平均年齢

セクキャバ嬢の平均年齢

職業によってはある特定の年齢層に偏っているものがあります。OLやサラリーマンなどは10代から60代まで様々な年齢の人がいますが、スポーツインストラクターなど体を使う職業の場合は比較的若い人が多く活躍していますし、一方、弁護士や医者などは資格を取得するまでにある程度の時間がかかるため年齢は高めです。

水商売の場合、10代や20代など若い人ばかりが働いているようなイメージがありますが、同じ水商売でも仕事内容などによって年齢層が異なります。例えば銀座のホステスなどは比較的年齢が高めで、平均年齢は大体20代~30代くらいになります。しかし同じ銀座のクラブでも社会的地位の高い人が通う高級クラブなどになるとまた事情が異なります。確かに20代前半の女性が多く働いているのですが、お店の売り上げはその若い女性達が稼ぎ出しているのでないのです。お店の売り上げは20代後半から30代のホステスがあげており、20代前半は単なるヘルプであったりします。つまりホステスの人数は20代の若い年齢層が多くなっているのですが、売り上げを稼いでいるのは20代後半から30代の女性達なのです。そして高級クラブでは40代のホステスも少なくありません。

セクキャバ嬢の場合はどうかというと、セクキャバ嬢というと性的サービスが多いということで若い子の方が多いだろうと考えますが、実際のセクキャバ嬢の平均年齢はどちらかというと高めです。キャバクラで働く女の子達の平均年齢が22歳~24歳なのに対して、セクキャバ嬢の平均年齢は大体25歳前後になります。セクキャバ嬢は20代前半の若い女性ばかりではないのです。その上セクキャバ嬢の中には、30代、40代の人もおり、その数は少なくはありません。若くて綺麗なだけのセクキャバ嬢よりも、経験があって濃厚なサービスをしてくれる30代や40代のセクキャバ嬢の方が支持される場合もあるのです。