タトゥーが入っていますが、働けますか?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

タトゥーが入っていますが、働けますか?

タトゥーが入っていますが、働けますか?

様々なアルバイト、もしくは正社員の募集において、ネックになってしまう恐れがあるのではないか。
という悩みとして上げられることが多いのがタトゥー(刺青)です。
一般的に肌を露出することがない職場なら、余程のことが無い限り面接などで聞かれることはないと思います。少し前には、公務員のタトゥーがニュースにもなりました。実際、私の知り合いで某大手企業に営業として勤めている友人の背中には龍のタトゥー(刺青)、某企業の店舗で販売業務をしている友人は肩辺りに虎が入っています。友人目線かも知れませんが、彼らは人として何か疑問に思うことはなく、またその企業で一定のポジションに付いて働いているので、一概にタトゥー(刺青)がある方が仕事が出来ないや人格的に問題があるとは思いません。
ですが、一般社会ではどうしてもタトゥー(刺青)=威圧的、危険、怖い人、人格的に問題有るのではないか、仕事も真面目にやらないのではないかなど、良い印象は少ないです。
こういった背景には元来、刺青(特に和彫り)が任侠の世界で当たり前に施されていたことが、日本での今のイメージに繋がってるかと思います。実際、威嚇のためや忠誠心のためなど、入れる理由は様々あるかと思います。詳しくは分からない部分ではありますが。
ただ、このような背景があるため、どうしてもタトゥー(刺青)の文化は世間では受け入れられ難いです。また、タトゥー(刺青)がある方は働けないという、職種・職場・業種も一般的にはあります。デリヘルですとタトゥー(刺青)を専門にしているお店もあるようですが。
では、セクキャバのお店でのアルバイトはどうなのか?
女性からのお問い合わせの中に、
・ワンポイントのタトゥーが2つ入っていますが働けますか?
・セクシーキャバクラで働きたいと思ってるのですが、気になっている点がタトゥーなのですが…
・タトゥーが入っている、こんな私でも働けるセクキャバのお店はありますでしょうか?
・傷跡、タトゥーがあるのですが大丈夫でしょうか?
・タトゥーがあっても大丈夫なお店はあるのでしょうか?
というタトゥーがある事で働けるか心配に思っている女性の質問も、多く頂くことがあります。
では、タトゥー(刺青)があるという条件の場合はどうなのか?
「タトゥー(刺青)に関しては、採用には全く関係がありません!」
と、ハッキリとは申し上げ難いです。
但し、「申し上げ難い」理由に関しては、そのセクシーキャバクラのお店のコンセプト・色・ポリシーに因る場合が極稀にあるということからです。例えば「黒髪、清楚、萌え、女子高生やAKBやメイド」などコスプレ系やドレス着衣や、ショータイム制があり衣装で隠せないなど。
何かコンセプトがあり、タトゥー(刺青)がお客様のイメージに合わない恐れがある場合は、採用NGというセクキャバ店があるかもしれません。またはタトゥー(刺青)がガッツリ全身入っている場合など。
ですが、昨今オシャレの一部としてもタトゥーが文化的に認識され始めた背景もあり、ワンポイントのタトゥーなど全く気にしないお店も数多く存在しています。
セクキャバの仕事内容は必ず服を脱ぐわけではありません。
詳しくは当セクガールのコンテンツ、セクキャバとは にも記載していますが、服の有無もお店によって異なりますので、タトゥー(刺青)入れているの場所によっては服装で隠れます。
セクキャバのお店としてもやはり見るのは、その人自身。また、その女性が持っているPersonality(魅力、個性)です。タトゥー(刺青)がPersonalityに直接結びつくかと言われると、それとは若干ニュアンスが異なります。
ここで言うPersonality(魅力、個性)は、その人の内面や性格、経験から発せられるもの。例えば、柔らかい雰囲気、清楚な印象、愛嬌のある笑顔、受け応え、妖艶さ、元気さや活発な印象、気品など。十人十色という言葉が存在するように、人のPersonality(魅力、個性)は、多種多様限りなくあります。
セクキャバ店へご来店されるお客様も様々な好みがありますので、お店としてはいろんな女性に働いてもらいたいという所が本音です。
「私にはそういった魅力がない…」など思う女性もいるかもしれませんが、それはアナタが気づいていないだけかも。セクキャバで働くことで、そういった自分がまだ気づいていないPersonalな部分の発見に繋がるかもしれません。
まとめますと、「タトゥーが入っていますが、働けますか?」という質問の答えとしては、店ごとに因るので働けないことは無い。むしろ採用NGの方が少ない印象です。
そしてタトゥー(刺青)の事以上に見られるのが、その人自身です。人と接するお仕事である以上、最低限のモラルや挨拶などの礼儀は必要になります。
まずは、笑顔とハッキリとした受け応え、あと姿勢を気にすると印象も良く高評価になるのではないかと思います。