セクキャバと景気・不景気

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,580 件(8/21 更新)

セクキャバと景気・不景気

セクキャバと景気・不景気

景気や不景気といった経済状況は、どのような業種にも様々な影響を与えます。不景気というと何もかも悪いような印象を受けますが、世間では不景気といっても業種によっては売り上げを伸ばしている業種もあります。景気の影響というのは業種によるといっていいでしょう。

では、セクキャバはどうでしょうか。この辺りは実に微妙な線で、高級なキャバクラなどは不景気の影響をモロに受けて衰退した時期がありましたが、その中でもセクキャバは好調の店が多かったという現象が見られました。やはりキャバクラのようにお酒とトークだけで接客をするお店の場合は「口説く」という楽しみのためにお金を使える人が減ってしまったものと思われます。

それに対して、セクキャバはもっとセクシーなサービスを売りにしているので、男性の性欲に直結しています。どんなに景気が悪くなっても男性の性欲が衰えることはありません。そのため、キャバクラと違ってセクキャバはあまり不景気の影響を受けなかったのでしょう。この傾向が最もよく出ていたのは風俗業界で、不景気に最も強い業界だと言われるほどです。
さすがに料金設定が高いお店については苦戦しているところもあったようですが、全体的にセクキャバの料金設定はあまり違いがないので、標準的な料金設定になっているところは好調が持続しました。こう考えると、セクキャバ嬢という職業は景気の浮沈にあまり左右されない安定した職業だと言えるでしょう。

しかも、今は景気が回復局面にあります。景気が良くなった、または上昇している今、水商売の業界は活気を取り戻しつつあるようです。景気の上昇によって人々の間にも余裕が生まれてセクキャバ嬢とも遊ぼうかな、といった気持ちが戻ってきているのです。景気が悪かった時と同じ努力で大きく稼げる時代が始まったと言っても良いのではないでしょうか。