セクキャバのルール、接客、マナーなど

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバのルール、接客、マナーなど

セクキャバのルール、接客、マナーなど

どんな仕事でも仕事上のルールというものがあります。それは水商売であっても同様です。特にセクキャバ嬢のように接客をメインとする場合は、接客マナーやお客への接客の仕方に注意する点があります。例えば名刺を渡す際は、立ったまま無造作に渡すのではなく、必ずダウンして渡すなどルールがあり、それらのルールを守っていないと満足のいく収入にはつながらないので、注意しましょう。。

接客マナーはお店によって異なるところがありますが、基本的なところは常に気配りが必要だということです。灰皿を一杯のままにしておかない、仕事のことを深く追求しない、相手の容姿に特徴なあった場合、じろじろ見たりしないというような、一般的に常識といわれる範囲内での心配りでできなくてはなりません。人の悪口をいったり、アラ探しをするのも聞いていて気持ちのよいものではありません。お客は女の子と楽しむためにお店に訪れているだけですから、不愉快な思いをさせてり、気分が悪くなるような接客はNGです。同じ接客でも言い方を少し変えるだけで、ずいぶんと印象も変わりますし、相手に不快感を与えずにすむようになります。ときには強引はお客がいますが、そうしたお客に強く断ってしまうとトラブルになることもあります。そうした強引なお客をうまくかわすための接客術を身に付ける必要があります。

お店によっては接客方法が異なりますし、接客マニュアルのようにものを用意しているところもありますから相談をしてみるといいかもしれません。お店によって経験あり、未経験にかかわらず、説明もなしにいきなり働かせてルールを破った場合は罰金を課すようなお店もありますから、複数のお店で体験入店をして、スタッフの説明等が親切なところなど選ぶとよいでしょう。