セクキャバのアフター

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバのアフター

セクキャバのアフター

お客とセクキャバ嬢の関係は、お店の中だけとは限りません。例えば同伴とは、お客と一緒に出勤してくることです。お店の前で待ち合わせをして出勤してもそれは同伴になるのですが、大抵は食事などをしてその上で出勤します。同伴はお気に入りのセクキャバ嬢と確実にお店で遊ぶことができる手段であるのと同時に、お客をお店に足を運ばせる手段でもあります。また同伴した場合の料金は別料金です。同伴をした分お店は売上が増えるわけですから、大抵のお店では同伴を推奨しています。

一方、アフターというものがあります。同伴は出勤時のことですが、アフターとはお店が終わった後に、お客に付き合うという意味です。付き合うといっても内容は人それぞれで、単に食事だけする場合もあれば、カラオケなどで遊ぶ場合もありますし、もっと深い関係になる場合もあります。アフターは基本的にお店に来店したお客に、お店が終わった後にセクキャバ嬢がお客と付き合うことを意味しています。そのため、お店が終わり、お店を出ることができるのが1時30分とすると、遊ぶ時間は数時間ということになります。ですから食事だけして終わるケースというのが一般的です。

アフターは、大抵のお店では特に推奨もしていなければ反対もしていません。というのもアフターはお店が終わった後のセクキャバ嬢の動向のためお店の売上には特に影響がないからです。基本的にアフターに付き合ってもらった客はお店に来店したとき、その子を指名するのがルールのようになっています。アフターによってセクキャバ嬢が常連客を持つことができて、ノルマをこなせるようになれば、お店にとってプラスになることですから、あえて反対はしないというところでしょう。