自分のお客をつかみ、呼ぶ方法

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

自分のお客をつかみ、呼ぶ方法

自分のお客をつかみ、呼ぶ方法

水商売というと若くて綺麗ならば、または可愛ければすぐに売れっ子になって高収入を得ることができるといったイメージがあります。確かにお客は若い女の子が好きでお店に訪れてくるため、若くて綺麗、または可愛いにこしたことはありません。しかし、お店の売れっ子となる女の子は、けしてすごい美人でもなければ特別可愛いわけでもないことが多くあります。

セクキャバ嬢は接客をする仕事ですから、細かい心配りが必要になります。お酒を作るにしても、作るタイミングを見計らって作るだけでお客の気持ちはほぐれます。一杯になった灰皿を取り替えもしないで置いておけば、お客は不快に感じるものです。そうしたほんの些細な心配りができるかどうかでお客が掴めるかどうかが変わります。

指名を増やすと収入に直結するので、セクキャバ嬢は指名を増やそうと積極的になります。しかし指名を増やそうとおねだりが過ぎたためにお客を逃がすケースもあります。あまりに自分の成績を上げようと必死になる姿にお客は白けてしまうのです。限られた時間の中でどれだけ濃厚で充実した時間を過ごすか、かりそめですが恋人を求めてお客はお店に訪れます。そのため、想い合っている恋人のように気を使ってもらったり、恋人のように接してもらうと、お客は恋人に会いに来るように、お店に訪れるようになります。

誰でも自分が特別を感じることは気分の良いことです。売れっ子となるセクキャバ嬢というのは、お客に恋人気分を味あわせ、自分が特別だと感じさせる、つまりお客を呼ぶ方法を心得ている子がなることが多いのです。そのため、お店の売れっ子、No.1となるセクキャバ嬢の中には容姿やスタイルがあまり優れていない女の子もいるのです。