セクキャバの怖いところ

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,564 件(7/22 更新)

セクキャバの怖いところ

セクキャバの怖いところ

セクキャバ嬢に関わらず、水商売の仕事には外からはわからない部分というものが多くあります。テレビドラマなどによって水商売の世界が取り上げられることがあり、その片鱗を知ることができますが、もっとディープな部分というものもあります。

セクキャバ嬢はマンツーマンで接客をする仕事です。キャバクラと区別されるところはセクキャバはおさわりができるという点です。そして中には乱暴をしたり、しつこい嫌な客などもあって、セクキャバ嬢が怖い思いをすることもあります。
しかし逆のパターンもあるのです。それはお客がセクキャバ嬢の夢中になった場合です。セクキャバ嬢もお客に好意も持っている場合は問題ありません。しかし、お客を喰い物と考える怖いセクキャバ嬢もいるのです。お店の中でいくら恋人のように振る舞おうと、それは仕事だからです。内心では嫌な客ともムカつく客とも思っていてもセクキャバ嬢はお店の中では恋人を演じます。それを勘違いして、中にはセクキャバ嬢を本当の恋人と思ってしまう客は少なくありません。

そうした勘違いした客をどのようにひっぱるのかがセクキャバ嬢の腕の見せ所といえます。お客に足しげく通わせて、自分にお金を使わせるために、あの手、この手を使うわけです。ここで注意しなければならないのはお客を追い詰めないすぎないことです。あまりに思い込みが激しすぎると、思い詰めて自宅を突き止めたりストーカー行為に発展してしまう場合があるためです。搾り取るだけ搾り取ったら適度なところでお店にお願いしていろいろな理由をつけて会うのをやめお客を切ります。そのタイミングの見極めも大事です。接客とは心理術でもありますが、セクキャバ嬢の中にはまさにお客を手玉に取るのが上手な怖い女の子もいるのです。