面接の際の持ち物、道具など

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,564 件(7/22 更新)

面接の際の持ち物、道具など

面接の際の持ち物、道具など

一般的に働こうと考えた場合、求人に応募して面接や試験などを受けます。面接はおおむね最終試験として行われ、そこで採用されると仕事をすることができます。就職する場合は面接を重要視しますが、それは水商売であっても同様です。特に水商売の場合、採用されるかどうかは面接の直後に判明します。面接の直後、「いつから出てこれる?」というようなことを聞かれて出勤日の話し合いが行われれば採用です。逆に面接をして後日連絡となった場合、水商売ではそれは不採用ということです。

その面接ですが、水商売の面接では用意する持ち物や道具などがあります。その面接のときに必要になるもののひとつが履歴書です。履歴書とは名前や現在住んでいる住所、学歴や職歴、趣味などを記載するもので、独自に書面を作成しても良いのですが、文具店などで履歴書が販売されていたり、インターネット上で履歴書のテンプレートが提供されていますから、それらを利用すると便利です。履歴書に不明な点などがあると、面接時に問われることもありますから、できるだけ正確に記入して持っていった方がよいでしょう。

また、面接のときに必要とされるものに身分証明書があります。身分証明書は年齢確認のために提示を求められ、面接のときに提出してコピーがとられます。そのほかにお店に体験入店するための道具を持っていきます。先述の通り、水商売では採用・不採用は面接の直後に判明します。そして採用が決まった場合、その日のうちに体験入店ということがあるのです。そのため、そのお店で働くために必要になる道具などを入れたポーチなどを持っていくのです。またお店の種類などによっては、少しかさばるかもしれませんがピンヒールなどといった道具も持っていった方がいいでしょう。