「飛ぶ」とは?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

「飛ぶ」とは?

「飛ぶ」とは?

水商売に限らず、各業界の中には業界内で使われる専門用語や、業界内では一般的な解釈とは異なる、別の意味を持つ言葉があります。水商売の業界の中でもそのような言葉あり、そのひとつが「飛ぶ」という言葉です。これは空を飛ぶという意味ではありません。

水商売の業界での飛ぶ意味は、空を飛ぶという意味ではなく、逃れる、ばっくれるという意味です。ちなみに飛ぶという言葉は金融などの業界も使われることがありますが、そちらも同じ意味になります。水商売の業界における「飛んだ」とは、相談もなしにいきなり仕事を辞めた場合などに使われるます。

一般の企業でも、企業によっては仕事を辞めるときは1ヶ月前に連絡しなければならないという規約があります。特に上級職の場合は半年前に連絡しなければならないという規約がある企業も中にはあります。これと同じように水商売のお店にも、辞める場合は一ヶ月前以上に退店届けを出すといった決まりがあるお店が多いのです。スタッフが辞めれば、求人募集などを行わなければなりませんし、新しいスタッフが入店するまで既存のスタッフで頑張っていかなくてはなりませんから、このような規約は理不尽な規約とはいえないでしょう。

急に辞めたいときに、お店が理解をしてくれて円満に退店できるのであれば多くの人がお店と相談しながら辞める時期を考えるでしょう。しかしどのお店でも円満に退店できるとは限りません。中にはトラブルになるケースもあり、辞めたくてもなかなか辞めることができない場合もあります。しかし子供や家族が病気になったなどの事情を抱えている場合や、どうして仕事に我慢ができない場合など、お店の規約を破ることになることがわかっていても、お店に迷惑をかけることが解っていても、連絡なしに辞めてしまう人は少なくありません。仕事をしてみたものの、自分に合わないと考えて飛ぶ人も少なくありません。そのため、お店では体験入店などを行っています。