セクキャバ面接での志望動機

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバ面接での志望動機

セクキャバ面接での志望動機

求人に応募して書類選考などに通ると面接となります。水商売の業界に限らず、求人での面接は非常に重要視されるところですから、できれば失敗せずにこなしたいものです。そのため、書店に行くと就職試験対策本なるものがあって、面接対策のマニュアル本のようなものまで見られますし、インターネットの就職、求人関連サイトなどでも面接対策の解説が行われています。それらの対策は参考にすることができますが、業界によっては必ずしもすべてが当てはまらない場合もあります。

しかしどのような面接でも問われることもあります。そのひとつが志望動機です。なぜこの職業を選ぼうと思ったのか、この職業のどのようなところに惹かれたのかといったことを面接では問われます。志望動機を聞くのは、この業界でやっていこうとする意志を問うことですから、NG対応というものがあります。ひとつは、この業界で勉強したいということでしょう。仕事は勉強しながらするところがありますが、お店は学校ではありません。お店で働く上でのルールなどを教えてはもらえますが、学校で勉強するようにただ受け身でいるだけではなく、自分で考えて身に付けていこうと考えていかなくてはなりません。そのため、学校に通うように気軽に考えているような対応をしてしまうと、不採用ということになることがあります。

水商売の業界の場合、ほとんどの人の志望動機はお金のためでしょう。特に離婚をして子供がいるためにお金が必要であったり、病気の両親を抱えてお金が必要であったり、借金があるためにお金が必要であったりといったように、中には志望動機がかなりヘビーな人もいることでしょう。しかし、そのようなヘビーな志望動機を隠す必要はありません。お金への執着が強すぎるのは考えものですが、業界に興味があったり、お金が必要となる事情をあまり隠さない方が好印象を持たれる場合があります。なお、水商売の場合、週3回以上入れるといったように多く勤められることをアピールすると採用を検討される大きな要因となることがあります。