セクキャバ嬢は銀行員になれない?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

セクキャバ嬢は銀行員になれない?

セクキャバ嬢は銀行員になれない?

一生水商売を続ける人もいますが、多くは適当なところで水商売から足を洗って、水商売以外の仕事をするのではないでしょうか。一般企業などに就職する場合、不安になるのが水商売をしていたことが分かったらどうなるのかというところです。セクキャバ嬢をしていたことがばれて求人に募集したが不採用になってしまうというようなことがないか、水商売を長く続けていた人ほどより不安感が大きいのではないでしょうか。

セクキャバ嬢をやっていたことがばれるかどうか、また一般企業に就職できるかどうかはケースバイケースです。例えば、大手の企業や水商売をしていた人を歓迎しない企業では、身辺調査を行ったり、面接時に水商売をやっていたどうかチェックする点などをマニュアル化しているところもあります。詳しい身辺調査をされてしまえば水商売だとばれてしまいますし、水商売をやっていた人は話し方や身のこなし、身だしなみに何かしら水商売の色がついていますから、それを厳しくチェックされてしまえば水商売をやっていたかもしれないと疑われてしまいます。そうなれば採用は難しいでしょう。

しかしそこまでのチェックを行う企業は多くはありません。メイクや髪型、服装など水商売をやっていたことを感じさせないよう注意していれば、不安に思うことはないでしょう。むしろ面接のときに自分の意見や志望動機をはっきり答えるといった面接の仕方に注意が必要です。

水商売をしていた経験がある場合、銀行には絶対に勤めることができないといった話が聞かれますが、そのようなことはありません。水商売の経験がある人が銀行員となって働いているケースもあるため、噂といっていいでしょう。大手の企業なども同様で、水商売をしていた人は絶対に採用されないということはありません。ただし銀行や大手企業などは競争が激しく、試験倍率が高いため、それを勝ち抜いていかないと採用されず、そちらの努力のほうが大変だと思います。