給料未払いって本当にあるの?

セクキャバ求人 セクガール

シゴト掲載件数 1,563 件(7/14 更新)

給料未払いって本当にあるの?

給料未払いって本当にあるの?

突然の倒産などによって社員が路頭に迷う話は、一般企業や中小企業などで聞かれる話です。セクキャバでも似たようなケースのトラブルは少なくはありません。それは店舗の突然の閉店です。閉店によって急に職を失いさらに、給料未払いとなると、そこで働いている女の子の生活にも響いてきます。

一般企業などでの給料未払いトラブルについては、まずは行うことは内容証明書郵便にて書面で請求を行うことでしょう。このとき、勤務時間を掌握している場合は、その勤務時間に応じて請求することができます。
そして裁判を起こすわけですが、裁判を起こす前に労働基準監督署に訴える方法があります。
このとき、給料明細などがあると、労働基準監督署で賃金証明を発行してもらうことができます。そして労働基準監督署では労働紛争委員会のあっせんを紹介してくれます。このあっせんでは企業側の人間を労働基準局に呼び出して第三者を交えた交渉を行います。この交渉で給料が支払われれば、そこで一応の解決です。

セクキャバでの給料未払いのトラブルについても、この一般企業と全く同じ対処ができます。
突然の店舗の閉店などによって給料が未払いとなった場合、店長や経営者の確認を取り、書面にて請求を行うのです。ただしセクキャバの場合の難しい点は、店長が雇われであったり、店舗の経営者がはっきりしないことです。書類で請求を行ってもあて先不明で書類が戻ってきてしまうといったことは少なくありません。

そうしたときに利用したいのがやはり労働基準監督署です。
労働基準監督署で経営者が倒産しているといったことが判明すれば、未払い賃金の立替払制度によって未払いの給与を取り戻すことができます。もちろん、未払い賃金の立替払制度の認定は簡単ではないため、何度か労働基準監督署に足を運ばなくてはなりません。また、未払い賃金の立替払制度の認定を受けても、未払い分の給料が全額そっくり取り戻せるというわけではありません。
しかし、ある程度の金額は取り戻すことができるため、給料未払いのトラブルのときは労働基準監督署の利用を検討してみてください。こうした機関は、ちゃんと働いてきた人の味方になってくれます。